Re Moon

Home

Diary

記憶

2007/09/18

カテゴリ:日々の出来事

Comments(4)

昨日は敬老の日。昔はこの日が自分の誕生日でした。

070918_贈り物

広島で元気に過ごしている祖父に、今年も写真を贈ろうと、2枚入りのアルバムを作りました。先日の旅行で見付けて押し花にした五つ葉のクローバーを添えて。祖父は私が写真を好きなのをいつの間にか知っていて、時々「買ったけど使えないから」とカメラを送ってきます。それはたぶん、自分が撮るために買うのではなく、はじめから孫の私たちのために買ってきて、理由をつけて贈ってくるのでしょう。そんな祖父の気持ちが嬉しくもあり、ちょっぴり申し訳無いような気もしてしまいます。

先日の父の日記を読んで、広島で過ごした小さな頃の記憶が恋しくなりました。私は物凄いおばあちゃん子で、夏休みに広島に帰ると、涼しい台所の床におばあちゃんと腰掛けては、おばあちゃんのほとんど皮だけのふにふにな二の腕を伸ばしながら、何時間もおしゃべりをしていました。思い出すその頃の祖父の姿は、庭の池の鯉に餌をやっている後ろ姿と、部屋で野球を観ながら煙草をふかしている姿。時々腕の間に私を乗せて、家の周りをバイクで走ってくれたのですが、それがとてつもなく楽しかったのを覚えています。

先日実家に帰った時、父が昔の写真を出してきました。私や姉の子供の頃の写真、父と母の結婚式の写真、父が生まれた瞬間の写真など、どれも驚くものばかり。その中から、祖父と祖母の結婚式の時の写真も出てきたんです。

070918_結婚

二人を切り離すように破かれた写真が、テープで丁寧に補修されていました。きっと二人にも、いろいろなストーリーがあったんでしょうねぇ。

今週末急用で広島へ帰ってきます。伯父の癌が転移していたのです。少しでも元気な時に逢いたい。祖父のお見舞いと、祖母のお墓参りもしてきます。久し振りにお寺にも帰ってきます。ちょっぴり辛い三日間になりそうですが、笑顔で行きたい。